学習マンガ 江戸のふしぎ

江戸東京博物館 市川寛明先生

子どもたちに配布できるよう、学習マンガはPDFになっています。ダウンロード・印刷してお使いください。ただし、改変・転載は禁じます。
(※こちらのサービスは、学研・塾グループの職員専用となっております。学研・塾グループ外の方はご遠慮ください。無断転載・使用を禁じます。)

マンガ/松本麻希

マンガ/松本麻希

市川先生の江戸解説―最終回

歴史を学ぶのは何のため?

さて「江戸のふしぎ」もいよいよ最終回です。そして最後のテーマは、人は何故学ぶのか、というシンプルながら最も困難なテーマにチャレンジしました。

冒頭まなぶ君は「歴史は暗記!!」と言い放ちます。そもそも暗記が苦手だったはずのまなぶ君がどうして、という疑問はさて置くとして、現在の学校で教えている歴史、なかでも高等学校の日本史・世界史は暗記教科の最たるもので、そこで暗記しなければならない量はまさに膨大です。膨大な量の暗記→テストで高得点→親が喜ぶ→まなぶ君はいい子として褒められる、これはいかにもありそうな展開ではないでしょうか?

でも人間が一人前の大人になるために暗記はどれほど重要なのでしょうか?なぜ試験によって順位づけられなければならないのでしょうか?残念ながらその疑問に対する答えを授業のなかに見いだすことはできません。また学校ではテストは学習の成果を確認するために行うと説明しますが、日常生活では全く使うことはない歴史の重箱の隅をつつくような細かい史実をなぜ記憶に定着させなければならないのか、こうした疑問には答えてはくれません。いい高校、いい大学、いい就職、いい収入、安定した人生、子ども達はこんな人生の損得勘定をぼんやりと感じながら日々の勉強に取り組んでいるのではないでしょうか。

私には、学校で行われているテストは記憶力を客観的な数字で示す性能表示機に、学校はテストで高い点数を取れる一部の子どもを分離する遠心分離機のように思えてなりません。もちろん日本の学校制度にいいところもたくさんあるのも事実ですし、記憶力が理解力と不可分の関係にあることも十分承知しているつもりです。また多くの先生方が素晴らしい教育成果をあげられています。それでも尚、少数のエリートを選び出すために、学校を退屈に感じる子ども達を膨大に生み出している現状に疑問を感じざるをえないのです。

「江戸の不思議」は、現在の学校教育制度に少しでも疑問を感じる方々に読んで頂きたい作品となりました。歴史は暗記モノと喝破したまなぶ君ですが、過去の歴史は暗記するためにあるわけではありません。たとえば今後の学校教育のあり方を考えようとする時、江戸時代の寺子屋から現在までの学校の歴史を振り返ると、そこに多くのヒントがあます。過去の歴史を今後の社会にどのように活かすのか、歴史に学ぶ力を育てることが歴史を教える本来の目的なのですが、本連載のなかにも有益なヒントを散りばめてきたつもりです。また「江戸の不思議」は、楽しく学ぶための工夫を凝らしました。また寺子屋から離れて、寺子屋の広汎な普及によって創り出された江戸時代の文化の面白さなども紹介してきました。「江戸の不思議」を楽しみながら読んでくれた皆さんのなかから、江戸時代から現代にいたる学校の歴史について少しでも興味をもち、歴史に学ぶことによって今の学校や社会の仕組みを少しでもよくしたいという意欲をもった子ども達が育ってくれることを祈りつつ、この連載を終えたいと思います。長い間、ご愛読いただきましてありがとうございました。

プロフィール

市川寛明先生
江戸東京博物館学芸員

1964年、愛知県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。担当展覧会として『参勤交代』(1997年)、『大江戸 八百八町』(2003年)、『徳川将軍家』(2003年)、『新撰組』(2004年)。今年度人気を博した『坂本竜馬』展も手がける。編著に『図説 江戸の学び』(河出書房新社)、『一目でわかる江戸時代』(小学館)等。

これまでの記事

  1. 学研塾ホールディングス
  2. トップメニュー
  3. 講師憲章
  4. 学研・塾講師検定
  5. CSR活動
  6. お知らせ

コラム

学研塾HDグループ・トピックス

全教研

8/19〜23:小4〜中3夏期合宿(小4小5中1中2は8/22まで)

全教研

8/18:中学生特待選抜テスト

全教研

8/7〜11:高3夏期合宿

学習塾イング

8/6〜9:2017イングの夏期講習会+サマーキャンプ

全教研

8/6〜9:エコアド夏・北海道

あすなろ学院

7/25~8/8:2017夏期講習会。小1から高3まで、それぞれの目標に向かい集団指導・自立型個別指導からお選びいただけます

学習塾イング

7/24〜27:小学生、夏休み読書感想文ゼミ

早稲田スクール

7/22:「夏期講習」スタート

全教研

7/22:夏期講習順次開講

あすなろ学院

7/22〜24:恒例・宿題やっちゃおう&アイスを作ろう大実験。今年も夏休み初日に開催。地域の子供たちも多数参加し、大盛り上がりのイベント

ページトップへ戻る