学習マンガ 江戸のふしぎ

江戸東京博物館 市川寛明先生

子どもたちに配布できるよう、学習マンガはPDFになっています。ダウンロード・印刷してお使いください。ただし、改変・転載は禁じます。
(※こちらのサービスは、学研・塾グループの職員専用となっております。学研・塾グループ外の方はご遠慮ください。無断転載・使用を禁じます。)

マンガ/松本麻希

マンガ/松本麻希

市川先生の江戸解説―その18

川柳は江戸のツイッター

皆さん,ツイッターって聞いたことありますか? 携帯電話やスマートフォンからインターネットを通じて自分の意見や気持ちを全世界に発信できる通信サービスです。ただし,発信できる文字数は,日本語の場合で140文字。その短さ故の手軽さが特徴のひとつです。そもそもツイートとは「つぶやく」と訳していそうですが,「つぶやく」とは本来,独り言のようなものです。そんな個人の独り言を全世界の人に発信できるのが高度は情報社会ならではの特質といえるでしょう。

2008年に日本に上陸したツイッターはたちまち普及し,今では実に多くの人々が利用しています。ツイッターが日本で急速に普及した原因は,日本人が本来短い文章で自らの気持ちを伝える文化の素地があったことと無関係ではありません。そして,その素地の形成に大きな役割を果たした文化のひとつが江戸時代に誕生した川柳ではなかったかと思っています。

短歌とも呼ばれている和歌から,それをさらに短くした五・七・五の定式をもつ俳諧が派生し,元禄時代には松尾芭蕉などといった傑出した俳人の登場によって独自の文芸ジャンルとして確立しました。川柳は,俳諧と同じ五・七・五という定式をとりつつも,その内容は風刺や庶民生活の機微を題材としたもので,庶民の生活にそくした笑いや人情の機微を短い文字数でうたいあげる点に大きな違いがありました。

論より証拠ということで,川柳の傑作として今に伝えられている作品を紹介します。

 これ小判たつた一晩居てくれろ
 役人の子はにぎにぎをよく覚え
 孝行のしたい自分に親はなし
 本降りに成て出ていく雨やどり

どうでしょう? どの句もどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

生活のなかで感じるおかしさや笑い,悲しみを短い詩にこめ、多くの人々と共有したい,そんな庶民の言葉遊びに端を発した川柳は,庶民に愛され続け,今でも様々なジャンルの傑作川柳を生み出されています。庶民が遊びで詩をつくる,そんな文化が300年も前から続いている社会は,世界のどこにもありません。その意味で川柳は,世界に誇るべき日本の伝統文化のひとつなのです。

プロフィール

市川寛明先生
江戸東京博物館学芸員

1964年、愛知県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。担当展覧会として『参勤交代』(1997年)、『大江戸 八百八町』(2003年)、『徳川将軍家』(2003年)、『新撰組』(2004年)。今年度人気を博した『坂本竜馬』展も手がける。編著に『図説 江戸の学び』(河出書房新社)、『一目でわかる江戸時代』(小学館)等。

これまでの記事

  1. 学研塾ホールディングス
  2. トップメニュー
  3. 講師憲章
  4. 学研・塾講師検定
  5. CSR活動
  6. お知らせ

コラム

学研塾HDグループ・トピックス

全教研

6/18:小学生特待選抜テスト

早稲田スクール

6/13:第1回「保護者面談会」スタート

全教研

6/10:有名私立中プレテスト

早稲田スクール

6/4:中3対象の第2回「四高模試」、および小6・小5対象の無料模試、第1回「熊大附中模試」、および小6対象の無料模試、第1回「県立中模試」

Z-UP

6/4:高3生対象に大学入試説明会、香椎本校、高宮校、赤坂本校、西新校、北九州本校

全教研

6/4:英検実施

全教研

6/3:漢検実施

創学ゼミナール

高1・2生保護者対象の夏期講座説明会を開催。夏期講習の各意義と過ごし方を確認

全教研

6/3〜7:三者面談(三者面談)

全教研

6/1〜:夏期講習受付開始

ページトップへ戻る