人事担当が教える 塾・教室の人事・総務Q&A 塾・教室の業務に即した内容をピックアップ

【グループ企業専用サービス】グループ企業の管理職の方はこちらから相談を受け付けます

相談する

学研・塾グループの管理職の方はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

学研塾HD塾・教室管理職用ネット研修

ネット研修

塾・教室事業に関連の深い内容について、人事・労務もネットで研修を配信します。 日々の業務のスキルアップに、ぜひご活用下さい。

パワハラと熱血指導の境界線は?

ミスをした部下には彼のためだと思って厳しく叱責しています。が、最近ではパワハラだと言われることも。パワハラと厳しい指導はどう違うのですか?

相手の受け取り方次第で決まります

「パワーハラスメント」は権力によるいじめ。熱血指導しているつもりでも、相手の受け取り方によっては問題になることもあるので注意が必要です。

パワハラの一般的な定義は、「職権などのパワーを背景にして、本来の業務の範疇を超えて、継続的に人格と尊厳を侵害する行動を行い、就業者の働く関係を悪化させ、あるいは雇用不安を与えること」となっているようです。とはいっても、仕事で結果を出すためには、ときには厳しい指導も必要でしょう。上司が部下に指導するうえで、それが熱意のある指導か、あるいはパワハラにあたるのか判断するのはひじょうに難しいところです。

ひとつの判断基準となるのは、「特定の個人に対する人格否定」が含まれているかどうか。そして、それによって「働く環境が悪化したり、雇用に不安を与えている」かどうかです。具体的にどんな言動がパワハラにあたるかは、下の事例を見てください。

自分たちもこの程度の叱責は受けてきた、と思う人もいるかもしれませんが、自分がやられたことを他人にも行っていいという理屈は通用しません。パワハラが問題となると、加害者が法的責任を問われる可能性が出てくるのはもちろん、経営者も民法における職場環境配慮義務違反や使用者責任を問われる可能性があります。また、こうした問題が持ち上がると、会社のイメージダウンにもつながりますから、管理監督者は日頃から職場環境がどういう状態にあるのか、上司と部下の関係はどうかを観察し、問題ありと判断した場合には早急に事態の改善を図る必要があります。

パワハラと判断される可能性が高い事例

業界人事・総務Q&Aに相談する

学研・塾グループの職員はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

これまでの記事

  1. 学研塾ホールディングス
  2. トップメニュー
  3. 講師憲章
  4. 学研・塾講師検定
  5. CSR活動
  6. お知らせ

コラム

学研塾HDグループ・トピックス

早稲田スクール

4/23:中3生徒・保護者対象の「高校入試報告会」

創造学園エディック

4/22・23:第1回高校進学説明会 開催

創造学園エディック

4/8:4月平常授業 開始

学習塾イング

第1回学力診断テスト(小4〜6、中2〜3)

全教研

4/7〜:新年度順次開講

早稲田スクール

4/6:小3〜中2対象の第1回「学力判定テスト」

創学ゼミナール

4/6〜:新年度レギュラー授業開講

早稲田スクール

4/5:中3対象の第1回「四高模試」

全教研

4/2〜4:エコアド・テーマパークツアー

全教研

4/1〜3:春期合宿(新中1・新中3)

ページトップへ戻る