人事担当が教える 塾・教室の人事・総務Q&A 塾・教室の業務に即した内容をピックアップ

【グループ企業専用サービス】グループ企業の管理職の方はこちらから相談を受け付けます

相談する

学研・塾グループの管理職の方はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

学研塾HD塾・教室管理職用ネット研修

ネット研修

塾・教室事業に関連の深い内容について、人事・労務もネットで研修を配信します。 日々の業務のスキルアップに、ぜひご活用下さい。

離職率を下げる

若い職員がすぐに辞めてしまいます。教育コストもバカにならないので、なんとか離職率を下げたいのですが?

「承認」のメッセージを与え、
成長感、自己達成感を持たせることが重要です。

多くの企業で若い職員の退職が問題化しています。「我慢が足りない」「現実が見えていない」と言えばそれまでですが、今の若者の資質の低さを嘆いても問題は解決しません。仕事を辞める理由は様々ですが、大きな要因のひとつは、仕事にやりがいを見い出せなくなること。上司や指導者は、部下に成長感や達成感を与え、自発的に行動できるように導くことが重要になってきます。

そのために大切なのは、「承認」のメッセージを発することです。人は、相手に覚えてもらっている、見ていてくれるだけでうれしく思うもの。上司の言葉や態度から、認めてもらっている、尊重してもらっていると感じれば、部下の仕事に対するモチベーションは高まります。

ほめることだけが承認ではありません。変化や成長といった具体的な成果を伝えることでも、相手の前向きな気持ちを引き出すことができるのです。まずは、「○○君」「○○さん」と名まえを呼びかけ、存在を認めていることから伝えていってはどうでしょうか。

­­相手を承認するメッセージ例

  • 「○○君」「○○さん」と名まえを呼びかける
  • 「いつも元気だね」と観察した事実を付け加える
  • 「○○ができるようになった」と変化の事実を指摘する
  • 「今、○○で大変だね」と相手の状況を把握していることを伝える
  • 「もう、これは任せられるな」と相手が自分では気づいていない変化や成長を伝える
  • 相手のよいところは、面倒がらずにほめる

業界人事・総務Q&Aに相談する

学研・塾グループの職員はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

これまでの記事

  1. 学研塾ホールディングス
  2. トップメニュー
  3. 講師憲章
  4. 学研・塾講師検定
  5. CSR活動
  6. お知らせ

コラム

学研塾HDグループ・トピックス

学習塾イング

1/3:中学3年生「正月特訓ゼミ」(国語or理科)★1日6時間の集中授業

学習塾イング

1/2:中学3年生「正月特訓ゼミ」(英語or社会)★1日6時間の集中授業

学習塾イング

12/30:中学3年生「正月特訓ゼミ」(数学)★1日6時間の集中授業

早稲田スクール

12/22:「冬期講習」スタート

早稲田スクール

12/10:中3対象「絶対合格特訓シリーズ」スタート

早稲田スクール

12/9:小3〜中2対象の無料模試・第2回「合格診断テスト」

早稲田スクール

12/3:中3対象の第5回「四高模試」

早稲田スクール

11/18:小6受験生対象の第3回「熊大附中模試」「県立中模試」

早稲田スクール

11/14:第2回「保護者面談会」スタート

早稲田スクール

11/12:第2回「熊高模試」

ページトップへ戻る