人事担当が教える 塾・教室の人事・総務Q&A 塾・教室の業務に即した内容をピックアップ

【グループ企業専用サービス】グループ企業の管理職の方はこちらから相談を受け付けます

相談する

学研・塾グループの管理職の方はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

学研塾HD塾・教室管理職用ネット研修

ネット研修

塾・教室事業に関連の深い内容について、人事・労務もネットで研修を配信します。 日々の業務のスキルアップに、ぜひご活用下さい。

教科書を授業に利用する

教科書から抜粋引用し、塾のテキストとして利用したいのですが、著作権等の問題が発生するでしょうか?

塾や教室の場合は、使用料を支払わなくてはなりません。

先頃、某進学塾が10年間にわたり、教科書を無断で複写しテキストとして利用していたことが明らかになり問題になりましたが、これは著作権法に抵触する可能性が高いと言わざるをえません。著作権法第35条では、「学校その他教育機関において、授業で使用することを目的として、必要と認められる限度で公表された著作物を複製することができる」とされています。

ただし、ここでいう教育機関とは、小中高校、大学などのことで、営利を目的とする学習塾や学習教室は除かれます。よって、塾や教室の指導に著作物を複写して用いたりする場合には、著作権者の了解を取り、使用料を支払わなければなりません。教科書の著作権は「教学図書協会」が教科書会社より受託管理しており、教学図書協会に利用申請を行い、使用料を支払うという手続きになります。

著作権法第35条の適用される機関

事項 条件 内容
学校その他の教育機関 組織的・継続的教育活動を営む教育機関であって、営利を目的としないもの 文部科学省が教育機関として定めるところ、およびこれに準ずるところ

例)幼稚園、小中高校、中等教育学校、大学、短期大学、大学院、高等専門学校、盲学校、聾学校、養護学校、専修学校、看護学校などの各種学校、大学校、保育所
社会教育においては、上記教育機関と同等の年間教育計画を有するところ
× 営利目的の予備校、私塾、カルチャースクール、営利企業の社員研修など
× 学校開放などで教育機関以外の者が単に場所として学校を使用している場合

「学校その他の教育機関における著作物の複製に関する著作権法第35条ガイドライン」(著作権法第35条ガイドライン協議会)より

業界人事・総務Q&Aに相談する

学研・塾グループの職員はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

これまでの記事

  1. 学研塾ホールディングス
  2. トップメニュー
  3. 講師憲章
  4. 学研・塾講師検定
  5. CSR活動
  6. お知らせ

コラム

学研塾HDグループ・トピックス

全教研

6/18:小学生特待選抜テスト

早稲田スクール

6/13:第1回「保護者面談会」スタート

全教研

6/10:有名私立中プレテスト

早稲田スクール

6/4:中3対象の第2回「四高模試」、および小6・小5対象の無料模試、第1回「熊大附中模試」、および小6対象の無料模試、第1回「県立中模試」

Z-UP

6/4:高3生対象に大学入試説明会、香椎本校、高宮校、赤坂本校、西新校、北九州本校

全教研

6/4:英検実施

全教研

6/3:漢検実施

創学ゼミナール

高1・2生保護者対象の夏期講座説明会を開催。夏期講習の各意義と過ごし方を確認

全教研

6/3〜7:三者面談(三者面談)

全教研

6/1〜:夏期講習受付開始

ページトップへ戻る