人事担当が教える 塾・教室の人事・総務Q&A 塾・教室の業務に即した内容をピックアップ

【グループ企業専用サービス】グループ企業の管理職の方はこちらから相談を受け付けます

相談する

学研・塾グループの管理職の方はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

学研塾HD塾・教室管理職用ネット研修

ネット研修

塾・教室事業に関連の深い内容について、人事・労務もネットで研修を配信します。 日々の業務のスキルアップに、ぜひご活用下さい。

退職者の守秘義務について

最近退職した元社員が、当社の情報データや顧客名簿 のコピー等をライバル関係のB社に流していることが わかりました。何らかの法的措置をとれるでしょうか?

不正防止法の要件に該当すれば、
損害賠償請求等をすることができます。

不正競争防止法では、不正に持ち出された秘密情報を利用した者と、不正に情報が持ち出されたことを知りながら利用した第三者に対して、情報の差し止めや謝罪広告等による信頼回復、損害賠償請求などが認められています。退職者が、無断で営業秘密を持ち出しライバル関係となる会社を設立したり、不正利益を得る目的や会社に損害を与えるために、他社に売り飛ばしたりすることも、不正に持ち出して利用することに含まれます。

ただし、それにはその情報が営業秘密として保護されていなければなりません。その要件は、別表のようになります。

裁判に訴える場合は、持ち出された情報が営業秘密にあたり、退職者に営業秘密であると指摘されていたかどうか、そして他社がその情報を使って利益を得たことを証明しなければなりません。秘密漏洩と不正利用が証明できなかった場合、不十分な情報しか得ていない他社に裁判を通じて秘密の内容を教えてしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

保護される営業秘密の要件

1 秘密として 管理されていること 収納・保管・破棄の規定が就業規則等で決められていること、営業秘密の取扱者を限定するなど、その情報が客観的に営業秘密であると認識できる状態でなければいけない。
2 技術上、または営業上の重要な情報であること 会社が単に有用だと思っているだけではなく、客観的に生産・販売・研究等の活動に役立つ情報でなければいけない。
3 公然と知られていないものであること 不特定多数の人間に知られる状況になっていないこと。一般に知られているものは法律上保護される価値は認められない。

業界人事・総務Q&Aに相談する

学研・塾グループの職員はこちらのコーナーを利用することができます。業務の中で疑問に思ったこと、ちょっとした確認でもかまいませんので、お問い合わせ下さい。学研塾ホールディングス、および学研ホールディングス人事担当者がお答えします。

これまでの記事

  1. 学研塾ホールディングス
  2. トップメニュー
  3. 講師憲章
  4. 学研・塾講師検定
  5. CSR活動
  6. お知らせ

コラム

学研塾HDグループ・トピックス

全教研

6/18:小学生特待選抜テスト

早稲田スクール

6/13:第1回「保護者面談会」スタート

全教研

6/10:有名私立中プレテスト

早稲田スクール

6/4:中3対象の第2回「四高模試」、および小6・小5対象の無料模試、第1回「熊大附中模試」、および小6対象の無料模試、第1回「県立中模試」

Z-UP

6/4:高3生対象に大学入試説明会、香椎本校、高宮校、赤坂本校、西新校、北九州本校

全教研

6/4:英検実施

全教研

6/3:漢検実施

創学ゼミナール

高1・2生保護者対象の夏期講座説明会を開催。夏期講習の各意義と過ごし方を確認

全教研

6/3〜7:三者面談(三者面談)

全教研

6/1〜:夏期講習受付開始

ページトップへ戻る