一流講師の条件とは

連載

第2回〜第二の条件は、すべての事柄は、相手ではなく、自分が創り出していることだと捉えること

超人気講師だった経験を活かし、塾に学校にと各方面にわたって研修や授業開発セミナー等で活躍中の木下晴弘氏が説く、一流講師に求められるスキル解説。

さて、一流講師の条件。ふたつ目は、自分との向き合い方というのを挙げたいですね。

前回、一流講師とは、辛くても次々と見せ付けられる自分の未熟さや課題から目をそらさず、ごまかさず、真摯に向き合って、できることを少しずつやり続けていける人だと、僕は言いました。ただ、それにはやはり物事の捉え方、向き合い方というのが大事になってきます。

たとえば、よくこんな言葉を耳にしますね。「自分はがんばっているのに、上司が認めてくれない」「こんなに一生懸命授業をして、生徒のためを思っていつもやっているのに、生徒は自分のほうを向いてくれない」……。

このような考え方をする人は、まず一流講師にはなれないでしょう。

一流講師になれる人は、「身の回りで起こっている全ての現象は、自分が創り出している」という立場で物事を捉えられる人です。

上の例でいえば、「私はがんばっているのに、この子はこうなんです」という捉え方ではなく、「私のどういう側面が、この子の反応を引き出しているんだろう?」という捉え方ができるかどうか。

たとえば、生徒の前ではいつもいいこと言わないと駄目とか、解けない問題があったら格好悪いとか、自分の実力不相応に背伸びをしていたり、このクラスの生徒ならこのレベルの問題ができなくても仕方ないなと、どこかで生徒を見くびっていたり。子どもたちをなめてはいけない。彼らは感性で、こちらの内面を鋭く見抜いてきます。「この先生は口ではいいこと言っているけれど、本心では僕らのことを全然想ってくれてないな」と。

ただ、子どもなので、その理由を論理的に説明することは、彼らにはできない。「そう感じるんだったら、しょうがない」となっちゃう。だから、こちらが理由を汲み取ってあげるしかないのです。そのためには、どれだけ正直に自分の心と向き合うことができるか、が大事になってきます。「わからない問題にぶつかって、ごまかそうとしていた自分」「宿題を忘れて怒らなかったのは、嫌われたくない自分だったり、この生徒なら仕方ないか、とどこかで指導を諦めていた自分」そういうことを一つひとつ自分の中で見つめていかなければなりません。

人間は弱いものなので、一生懸命がんばったときの成果が、意図しない反応だったり、期待はずれの反応だったり、彼らの成績が伸び悩んだり、ということがあると、相手にも原因があると捉えたくなるものです。実際、相手に原因がないわけはない。あって当たり前で、ましてや相手は子どもです。でも、そこはあえて見ない。相手に原因がある。それはわかった。その上で、自分にできることはなんだろうと考えていく。こういう捉え方で、日々取り組んでいけば、成長のない人はいないと僕は思うのです。

「身の回りに起こるすべてを自分が創り出した」と捉える考え方は、自分を責める考え方ではありません。「それを創り出すほど、自分には周りに対する影響力があるのだ」と認識する考え方なのです。そしてまさにあなたにはその影響力があるのです。そこに勇敢に立ち続けて取り組んでいくと、自分がだんだん変わっていく。その成長の先に、必ず一流講師への道が見えてくるはずです。人生って、結局そこで生きているような気がしますけれど。

プロフィール

木下晴弘プロフィール

木下晴弘(きのしたはるひろ)
(株)アビリティトレーニング 代表取締役

同志社大学卒。銀行員になるも学生時代の浜学園講師経験で得た充実感が忘れられず、同塾専任講師へ。その後、希学園の設立・経営に参加。2001年、㈱アビリティトレーニングを設立。教職員向けの授業開発セミナー、執筆にと幅広く活躍中。

㈱アビリティトレーニングホームページ  http://www.abtr.co.jp

これまでの記事

  1. 学研塾ホールディングス
  2. トップメニュー
  3. 講師憲章
  4. 学研・塾講師検定
  5. CSR活動
  6. お知らせ

コラム

学研塾HDグループ・トピックス

学研の家庭教師

高校受験 合格への架け橋プラン受付中

早稲田スクール

12/14:中3対象の第3回「ラサール久留米附設合格判定テスト」

創造学園エディック

12/14:大学生の職員に対する、冬期講習に向けての研修会を開催

進学塾サイシン・サイシンエクセル

12/14:サイシン・市進共催講座『中3最難関公立突破講座』スタート。中2生対象 学力判定統一模試

創学ゼミナール

12/11:2014年度冬期講習がスタート

学研の家庭教師

冬のスタート月謝割引キャンペーン実施中

あすなろ学院

12/7:会場模試開催

進学塾アイズ

12/7:兵庫進学模試(中3)

早稲田スクール

12/7:中3対象の「絶対合格特訓シリーズ」スタート

全教研

11/30:大濠中プレテスト。パズル道場全国大会。小学生学力診断テスト(5)

ページトップへ戻る